フェレットのワクチンプログラム

 

フェレットのワクチン・予防

ワクチンは、すべて注射で行い、ウイルスから身体を守る抗体を作ります。

主に、犬ジステンパーウイルスを予防するために使用します。
フェレットのワクチンは、日本で認可されておらず、しかも単独のジステンパーウイルスワクチンもありません。
ですから犬用の2種混合ワクチンを使用します。
犬ジステンパーウイルスは、犬とフェレットの両方に感染します。


フェレットのワクチンプログラム

生後60日(2ヵ月)前後 :
2種混合ワクチン

生後90日(3ヵ月)前後 :
2種混合ワクチン

※以後は年に1度、2種混合ワクチンを接種します。

TOPにもどる


お取扱いワクチン

 

2種混合ワクチン

この中の犬ジステンパーのみを目的に接種します。

・ 犬ジステンパ-
・ パルボウィルス感染症

TOPにもどる


予防薬

 

フィラリア予防薬について

6~11月の6ヵ月間、月に1回投与します。
フェレットの血液によるフィラリア抗原検査はありません。

フェレットのフィラリア予防薬はチュアブル剤と散剤タイプと滴下タイプがあります。

 

TOPにもどる