イヌのワクチンプログラム

イヌのワクチン・予防

ワクチンはすべて注射で行い、ウイルスや細菌から身体を守る抗体を作ります。多種混合ワクチンと、狂犬病ワクチンを同じものとお考えになっている方が時々いらっしゃいますが、これらは標的となる病原菌やウイルスが異なり、接種も任意のものと国で定められた義務のものがあります。


イヌのワクチンプログラム

生後8週以降 :
5種混合ワクチン

生後11週以降 :
5種または8種混合ワクチン

生後14週以降 :
5種または8種混合ワクチン

生後110日前後 :
狂犬病ワクチン(注:91日齢以上の犬に接種義務があります)

※以後は年に1度、狂犬病ワクチンと混合ワクチンを別々に接種します。


狂犬病と多種混合ワクチンの時期が重なる犬には、身体の負担を避けるため約2週間の間をあけて別々に接種します。

狂犬病ワクチンは、春に各市町村で定められた場所での集合注射もあります。

接種時期などはお問い合わせください。

TOPにもどる


お取扱いワクチン

5種混合ワクチン

主に自宅近辺で過ごす犬に使用します。費用は6500円(税抜)です。

・ 犬ジステンパー
・ 犬アデノウイルス2型感染症
・ 犬伝染性肝炎
・ 犬パラインフルエンザウイルス感染症
・ 犬パルボウイルス感染症


8種混合ワクチン

主に他県に行く、山などで遊ばせる犬に使用します。
費用は8000円(税抜)です。
上記5種に加えて

・ 犬コロナウイルス感染症
・ 犬レプトスピラ病(2種)

TOPにもどる


狂犬病ワクチン

初年度は登録費用も含み、7100円(税抜)。2日目以降は4100円(税抜)です。別途、診察料がかかります。

・狂犬病ウイルス

生後91日を過ぎた犬には、狂犬病ワクチンを年に1回接種する義務が国で定められています。

子犬は、生後60日(約2ヵ月)から何回か多種混合ワクチンを接種しますが、狂犬病ワクチンは 、生後110日頃あるいは150日頃に、多種混合ワクチンの合間か、その後に接種します。

初めて受ける場合は市町村への犬の登録を同時に行います。

TOPにもどる


予防薬

 

フィラリア予防薬

いずれも6~11月の6ヵ月間、月に1回投与します。
投薬を忘れたことがない場合にも、年1回の血液によるフィラリア抗原検査をお勧めしております。

予防薬の種類についてはお問合せください。


ノミ・マダニ駆虫・予防薬

年に1回の注射タイプ。
月に1回のチュアブルタイプ、滴下タイプ。
3ヶ月に1回のチュアブルタイプ。

TOPにもどる